MENU

美容界では有名だけど…コラーゲンとヒアルロン酸の違いって?

肌が乾燥してしまうと、バリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下すると外からの刺激に弱くなってしまったり、雑菌が繁殖しやすくなることでニキビは肌荒れなどにつながってしまいます、

 

肌のバリア機能を正常にするためには肌の調子を整えるためには、肌のうるおい成分を保ったり補ったりする必要があります。
うるおい成分として人気なのがコラーゲンとヒアルロン酸です。

 

これらはもともと人間の体内に存在している成分で、軟骨では関節にかかる負担を軽減するクッションの役割をしていたり、皮膚では真皮に存在していてこの真皮の重量の70%をしめているのがコラーゲン線維になります。線維が網目状に張りめぐらせされている隙間にヒアルロン酸などのうるおい成分が水分を抱えながら埋めることによって皮膚を形成しています。

 

線維などがピンと張っていて、十分に水分を含んでいると肌にハリと弾力のある健康な状態になります。
二つの違いは大きくありますが、違いをまとめるとコラーゲンはタンパク質の一種で弾力のある繊維状をしていて、細胞と細胞をつなぐ働きがあり、皮膚のハリを持たせる効果があります。

 

紫外線や加齢によって働きが弱まるとしわやたるみにつながります。
ヒアルロン酸はデンプン質の一種です。保水力が高く細胞をみずみずしく潤わせる働きがあります。
肌のうるおいをキープするためには必要な成分になります。

 

この成分だけを摂取しても皮膚の水分量を増やすことができますが、弾力性は増やさないため注意が必要です。
働きに違いがあるため、肌の健康を守るためにはこの成分は両方摂取することによって高い効果を期待することができるようになります。

 

しかし、両方とも分子が大きいた肌の表面から塗って補おうとしても真皮にまで浸透することはないとされています。
肌になじみやすいように低分子化された製品もあるため、それらを利用することによって角質内にとどまり、水分を保持して水分の蒸散を防ぐ働きがあるため肌を潤わせるためには効果的です。

 

また、体の内側からコラーゲンやヒアルロン酸を増やすためにはサプリメントなどを摂取してケアすることも有効となります。サプリメントも低分子化されたものを選ぶことで、より高い効果を得ることができます。
補うのと同時に、うるおい成分を減らさないための工夫も重要となります。減らさないためにはストレスを溜めないようにしたり、紫外線のダメージを減らすための対策などが大切です。"

このページの先頭へ