MENU

ヒアルロン酸? コラーゲン? 違いは何?!

ヒアルロン酸はでんぷん質であるムコ多糖であり、人間の体の約70%がその成分から構成されている特徴があります。
人体の細胞レベルでの保水力を高めることが可能なため、細胞を潤すことができることで、瑞々しい皮膚肌にすることもできるとされます。

 

実際にヒアルロン酸が配合されている化粧品が販売され、それを塗布することで、その性質である保水力と粘性があることで、それによって瑞々しい肌に導くことが可能です。ヒアルロン酸配合の化粧品は人気も高く、化粧品メーカーにとっても注目されている栄養成分の一つになります。

 

それ以外には美容整形の分野でも膝の痛みの緩和などさせるために、直接的に注射などを行うことで用いられることもあります。
最大のメリットは人体の水分に限りなく近いことでアレルギー反応が少ないことです。
アレルギー反応が少ないことで、女性の気になる顔・バストなどの箇所のボリューム感などを出す上で活用されることもあります。

 

ムコ多糖は高分子の粘性が高い物質である特長を活かして、従来、盛んに行われてきたコラーゲン注射に代わって活用されることも多くなっています。一方、コラーゲンはタンパク質の一種であり、皮膚の細胞と細胞を結び付ける繊維状の物質で皮膚の張りを導くための物質です。

 

タンパク質は人間にとっても不可欠な栄養成分であることは確かですが、アレルギー症状を引き起こす可能性もあり、コラーゲン注射などではアレルギーなどの副作用が出ることもあるため、注意を要します。美容にはコラーゲンを多く含んだ食品を食べると良いとされますが、高分子だとアミノ酸に分解されてしまい、その効果が半減するため低分子コラーゲンを摂取がおすすめです。

 

最近はスーパーなどでも美容ドリンクが扱われることも多くなり、飲むヒアルロン酸といった商品が販売されていることがあります。その飲むヒアルロン酸を飲用するだけで、変形性の関節症などに効果が期待されるとしていますが、実際には医学的にはその効果自体が詳細に立証されていないため、特定保健用食品に認定されていないです。

 

そのため飲むヒアルロン酸が関節の痛みやスムーズな動きに飲んだだけで解決すると意識することは早計となります。ただヒアルロン酸を飲むことで皮膚の水分量が増加されたとする検証結果も報告されていますが、他にも自己免疫疾患の抑制にも貢献するとされています。
自己免疫疾患は免疫の持つ防御機能が正常な細胞を攻撃することで起こる疾患ですが、ヒアルロン酸にはそれを抑制する可能性があります。

 

 

このページの先頭へ